グローバルフルーツ

ショッピングカートを見る

フルーツの解説

メキシコ産マンゴー

メキシコ産マンゴーの概要

メキシコマンゴー

【メキシコ産マンゴー(英名:mango-mexico)】

メキシコ産マンゴーは熟すと赤みを帯びてきます。その色合いからアップルマンゴーと呼ばれています。卵のような形ですが、糖酸度のバランスのよいマンゴーです。サイズとしては450g~700gまでの大きさになります。日本には3月から8月くらいまで輸入され、輸入マンゴーとしてはメキシコが全体の約40%を占めます(1番の輸入量)。

 

△ページ上部へ

メキシコ産マンゴーの歴史

1970年頃から日本入荷が始まりました。メキシコ産の特徴は、全ての品種で果皮が鮮やかな赤に染まっており、リンゴに似ている事からアップルマンゴーとも呼ばれております。果肉はオレンジ色で、品種によっては繊維質が多いのもあるが、主力品種のヘーデン種は芳香が優れ、ケント種は繊維質が少ないのが特徴。美しい色に染まって重量感のあるこの果実は高級品としての地位を築いて贈答などの主力商品として長年親しまれています。

 

△ページ上部へ

メキシコ産マンゴーの品種と旬の時期

メキシコマンゴー(ケント種)

ケント種(KENT)

【品種の説明】

高糖度だけではなく、適度の酸味と奥深いコクもあり、高温多湿の日本の6月、7月に爽快な味覚を醸し出してくれます。その他の品種と比較しても繊維質の少ない大柄肉厚な品種です。アップルマンゴーと呼び名がありますが、これはメキシコ産のケント種に対し作られたものです(HADEN種 /
TOMYアトキンス種 が含まれることもあります)。大玉肉厚でリンゴの赤のように鮮やかに広がるイメージが、メキシコ産ケント種を言い表すのに最適だったのです。今では赤系マンゴー全般に使用されるネーミングですが、メキシコ産ケント種こそ正真正銘のアップルマンゴーです。

【旬の時期】

6月上旬から7月下旬

 

△ページ上部へ

通販取扱ブランド・産地

メキシコマンゴー(パッション)

【パッション(PASSION)】

4月から始まるヘーデン種から7月のケント種、8月のキーツ種までブランドを統一。鮮度を重視し、飛行機で週2回の入荷。ケント種の産地は6月と7月で異なり、は6月がミチョアカン、7月がナヤリット。

メキシコマンゴーの生産地

【生産地】

マンゴ(Michoacan へ—デン種)

・生産者1:Eduardo Arroyo Gomez

・畑住所1:Conocido, Ejido, Nueva Urecho、Michoacan

・管理者1:Guillermo Arroyo Barbosa

・生産者2:Jose Constantino

・畑住所2:Santa Casilda S/N、Michoacan

マンゴ(Nayarit ケント種 キーツ種)

・生産者:Luis Alonso Romero

・畑住所:Tierra Generosa, Nayarit

・管理者:Mario Damian Palomares

・管理者2:Mario Damian Palomares

 

△ページ上部へ

メキシコ産マンゴーの保存方法

【ポイント】

冷蔵庫に入れてください。できるだけお早めにお召し上がりください。時期が過ぎると味が落ちてしまいます。

 

△ページ上部へ

メキシコ産マンゴーの切り方・食べ方

メキシコマンゴーの切り方1-1

【メキシコ産マンゴーの切り方】

手順1

真ん中に種があるため、縦に三等分に切る。

メキシコマンゴーの切り方1-2

※手順1での注意

この時、細い方を上に向けて切ることが大事!
(種が薄く平べったい形状の為)

メキシコマンゴーの切り方2

手順2

網目状に切り目を入れる。

メキシコマンゴーの切り方3

手順3

皮を裏返す。

 

△ページ上部へ

メキシコマンゴーを購入する
このページのTOPへ戻る

お問い合わせダイヤル

03-3553-5444

受付10:00〜17:00 (定休:日曜 / 祝日 / 土曜午後、不定休:水曜)

TOP