グローバルフルーツ

ショッピングカートを見る

新着情報

【ブログ】輸入果物専門商社オススメの年末贈答用ピーチマンゴー

グローバルフルーツの中条です。

 

突然ですが、毎年贈り物をする機会はございますでしょうか。

お誕生日、お中元、お歳暮など。

 

お中元、お歳暮は年々減少しているというデータがあるようです。

 

いずれにせよ、贈り物をする機会はそれほど多くはありません。

そのため、喜んでいただけるようなものを贈りたいですよね。

 

そこで弊社から年末の贈り物にご提案させていただくのは
ピーチマンゴー(オーストラリア産)
です。

 

以下の方にオススメです!

 

・今年もピーチマンゴーを贈りたい

・毎年年末の贈り物に悩んでいます

・毎年同じものだからたまには違うものでも贈りたい

 

ピーチマンゴーについて

品種名はケンジントンプライド種。

輸入解禁は1994年。

オーストラリアでのみで生産。

 

財務省貿易統計によると、輸入解禁後、輸入量は右肩上がりでしたが、2004年を境に減少傾向に転じます。

2018年はピークの2004年比で約7%にまで落ち込んでいます。

以下のグラフをご参照下さい。

(画像をクリックすると拡大されます)

 

オーストラリア マンゴー 輸入

また、2018年12月の1ヶ月間での輸入マンゴーにおけるシェアはわずか9%です。

以下のグラフをご参照下さい。

(画像をクリックすると拡大されます)

 

オーストラリア マンゴー シェア

 

希少なマンゴーです

ここまでの説明でお分かりのように、それだけ希少ということです!

 

ピーチマンゴー、お店で見かけたことはございますか?

見かけたことはほとんどないのではないでしょうか。

私もほとんど見たことがありません。

 

輸入量の減少は品質が悪いからということではありません。

考えられる要因の一つとしてブラジルとペルーのマンゴーの輸入解禁です。

 

ブラジルが2004年、ペルーが2010年に輸入解禁。

ブラジルもペルーもオーストラリアと同じ南半球であることから入荷時期が重なり、価格条件も相まって、オーストラリア産マンゴー(※)の輸入量が減少したと考えられます。

 

(※)ピーチマンゴー以外の品種の輸入もございますが、12月の輸入の大半はピーチマンゴーです。

 

食味に関しても希少で、他のマンゴーにはない口当たりの良さとマイルドな甘さです。

 

希少さに加えて、贈り物に最適な外見です!

 

オーストラリアの産地によって果皮の色づきが異なりますが、色づきの良いものは淡く綺麗なピンク色に。

ピンク色が濃くならなくても綺麗で鮮やかな黄色です。

以下の写真は2018年12月に発送したマンゴーの一例です。

 

ピーチマンゴー オーストラリア マンゴー

ピーチマンゴー オーストラリア マンゴー

 

いかがでしょうか。

寒い時期にまさにトロピカルフルーツの色合いでお喜びいただいております。

 

もう一つのおすすめポイント(発送時期)

まずは以下をご覧下さい。

 

2014年 12月4日

2015年 11月30日

2016年 12月2日

2017年 12月1日

2018年 12月7日

 

過去5年の弊社のピーチマンゴー発送開始時期です。

 

天候の影響がない限りは11月末から12月上旬が入荷時期となっております。

 

「年末の贈り物には日持ちするものが好まれる」ということも聞きますが、上記のように12月上旬にお届けできるマンゴーですので、その年の感謝の気持ち(贈り物)をその年のうちにお届けできます。

 

贈り物の候補として是非ご検討下さい。

 

 

ピーチマンゴー 商品ページ

https://globalfruit.co.jp/fruits/mango-peach/

 

補足事項

例年では以下の予定となっております。

・遅くとも10月のうちに予約販売を開始

・12月中旬頃には取り扱い終了

このページのTOPへ戻る

お問い合わせダイヤル

03-3553-5444

受付10:00〜17:00 (定休:日曜 / 祝日 / 土曜午後、不定休:水曜)

TOP